こんな症状の方が来院されます

ぎっくり腰

ぎっくり腰 医師からの推薦状 患者様の声

『こんな経験ありませんか?』

  • 前かがみが出来ない。
  • 腰が曲げられない。
  • 寝返りが出来ない。
  • 立ち上がりが困難。
  • 歩くことが出来ない。
  • 靴下を履くことが出来ない。
  • 足がしびれる、足があがらないなどの症状がある。
  • ぎっくり腰は一生ものだからと諦めている。

では、急に襲ってくる恐ろしいぎっくり腰に対してあなたはどのように対応するのがいいのか?

『痛み消去に固執した施術はその後が大変!?』

「一秒でも早くこの痛みを何とかしたい」という気持ちが強くなり

【とにかく今ある痛みを何とかして欲しい】
【明日までに歩けるようになり仕事に復帰させて欲しい】


など、痛み消去に固執した施術を求める方が多く見受けられますが、そのような対応をした結果、予後が不良となりぎっくり腰クセや慢性腰痛に移行したり、症状が進むとヘルニアや坐骨神経痛などの疾患に繋がる可能性も少なくありません。

また、ぎっくり腰は特に何かをして瞬間的に「ギクッ」となるものばかりではなく、徐々にぎっくり腰を同じ状況に近づいて一定レベルの限界値を超え、急に痛みを発症する場合もあります。

そして、ぎっくり腰の原因として一般的に考えられるのが
「筋肉疲労 」「骨格の歪み」「いきなりの過負荷」
「生活習慣や環境によるもの」「過度なストレスによる体重や体質の変化」

など原因は様々で、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えられます。医学的な表現をすると、腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまう腰痛ということになります。

『当院ではこのような施術を行います』

当院では、特に急性期などの場合においては、立っているのも辛い場合も多いので、一番楽な姿勢(横になったり)で状態についてお話をお伺いした上で、状況や原因を特定し施術に入ります。

特に発生直後で「歩くのもやっと・・・」という場合や、状態に よっては、いきなり腰に触れることをせず臀部や足の筋肉を 徹底的にほぐしていきます。

足や臀部は腰に通じる身体の土台であり、ぎっくり腰の場合この部分が固くなっていることで、腰にかかる負荷が増加しているケースが多いためです。

そして少しずつ様子を見ながら腰の筋肉もほぐしてゆき 股関節などにも正常な動きを取り戻していきます。 そして症状(痛み)を緩和するだけでなく

【今後ぎっくり腰が再発しにくい状態を作る】

べく日常生活における姿勢改善やあなたの症状に合わせたストレッチや体操のアドバイスまでを行い根本的な解決を
目指していきます。

ぎっくり腰については、原因によって治療も異なるのでまずは原因究明に全力を注ぎます。なかには当院で診ることができず入院・手術を必要とする場合もまれにあります。そのような状況でそのまま施術すれば

【整体やマッサージが、症状を悪化させてしまう】

こともあり、当院では対応出来ないぎっくり腰については適切な医療機関をお勧めいたします。分からないことは、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。


その他のさまざまな症状で来院され方の声は こちら


ご予約

電話でのご予約は


インターネットでのご予約は


ご予約ページからのご予約は、希望日2日前の昼12時までにお願いします。

ご予約、ご相談、ご質問など LINE@から お気軽にどうぞ

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
電話でご予約 メールでご予約 LINEでご予約