当院は完全予約制です
湘南鵠沼カイロプラクティックふじさわ整体院の営業時間
 土/日/祝
10:00~20:00-
10:00~16:00----
ご予約から施術の流れはこちら>>
受付・予約・営業時間

病院に行っても坐骨神経痛が治らないかたに

こんにちは河本です。

当院に来られる方で腰や足にシビレがあり、病院に行くと「坐骨神経痛です」と言われた方が

よく来られます。

坐骨神経痛とは診断名称ではありません、腰から足にかけてシビレや痛みがある場合の総称に

なります。

坐骨神経は腰の骨(腰椎)から出て足の先にまで繋がる、身体で一番大きい神経です。

坐骨神経-1.jpg

この通り道が何かしらの圧迫を受けて、痛みやシビレをだします。

病院に行くとまず、レントゲンを撮ります。それを見て「骨には異常はない!」

と言われて原因が骨ではないという事だけわかって終わってしまいます。

坐骨神経痛の原因はあまりレントゲンを撮っても映る事はないと思います。

ほとんどの原因は筋肉や軟骨などレントゲンに映らないところに問題があるからです。

原因の一つに椎間板ヘルニアがあります。背骨は頸椎、胸椎、腰椎という椎骨という骨が

組み合わさって背骨(脊柱)になります。その椎骨の間には椎間板というクッションが入って

おります。その椎間板が背骨から飛び出ることにより後ろを通る神経に触れる事で痛みを出します。

81d38ad1892f2fedb519e5ea9a12519d-1.jpg

この椎間板ヘルニアの場合、椎骨はレントゲンに映りますが、椎間板は映らないのです。

そのレントゲンを見て「骨には異常はない!」と言われてしまうのです。

坐骨神経痛の要因には筋肉が固くなって痛みを出すことが考えられます。

筋肉もレントゲンには映りません。坐骨神経の通り道には多くの筋肉の合間を通ります。

この筋肉が凝り固まってしまい、痛みを出している事が多々あるのです。

痛みを出している筋肉を張らせる要因を取り除くことが改善に繋がります。

タイトルとURLをコピーしました