当院は完全予約制です
ご都合のよい方法でご予約ください当院は完全予約制です
湘南鵠沼カイロプラクティックふじさわ整体院の営業時間
 土/日/祝
10:00~20:00-
10:00~16:00----
ご予約から施術の流れはこちら>>
受付・予約・営業時間

病院に行っても坐骨神経痛が治らない方へ

お知らせ

藤沢駅南口で口コミで人気の「湘南鵠沼カイロ ふじさわ整体院」です。

当院に腰や足にシビレがあり、病院に行くと「坐骨神経痛です」と言われた方がよく来られます。

そもそも坐骨神経痛って何?

坐骨神経痛とは診断名称ではありません、腰から足にかけてシビレや痛みがある場合の症状名です。

坐骨神経痛になってしまった原因を表す診断名としては

■椎間板ヘルニア

■脊柱管狭窄症

■脊椎すべり症・分離症

■梨状筋症候群

などが代表的です。

坐骨神経とはどんな神経?

坐骨神経は腰の骨(腰椎)から出て足の先にまで繋がる、身体で一番大きい神経です。

だいたいご自身のひとさし指ぐらいの太さがあるとイメージしていただくとわかりやすいです。

坐骨神経-1.jpg

この通り道が何かしらの圧迫を受けて、痛みやシビレをだします。

病院に行くとまず、レントゲンを撮ります。それを見て

「骨には異常はない!」

と言われることが多いようです。原因が骨ではないという事だけわかって終わってしまいます。

坐骨神経痛の原因はあまりレントゲンを撮っても映る事はないと思います。

坐骨神経痛の原因が筋肉のコリにある?

ほとんどの原因は筋肉や軟骨などレントゲンに映らないところに問題があるからです。

原因の一つに椎間板ヘルニアがあります。背骨は頸椎、胸椎、腰椎という椎骨という骨が

組み合わさって背骨(脊柱)になります。その椎骨の間には椎間板というクッションが入って

おります。その椎間板が背骨から飛び出ることにより後ろを通る神経に触れる事で痛みを出します。

81d38ad1892f2fedb519e5ea9a12519d-1.jpg

この椎間板ヘルニアの場合、椎骨はレントゲンに映りますが、椎間板は映らないのです。

そのレントゲンを見て「骨には異常はない!」と言われてしまうのです。

坐骨神経痛の要因には筋肉が固くなって痛みを出すことが考えられます。

筋肉もレントゲンには映りません。坐骨神経の通り道には多くの筋肉の合間を通ります。

この筋肉が凝り固まってしまい、痛みを出している事が多々あるのです。

痛みを出している筋肉の硬結を取り除くことが改善に繋がります。

ふじさわ整体院でできる事

ふじさわ整体院では坐骨神経痛が起きてる筋肉を緩めて、痛みやしびれをおさえる施術を得意としています。

この施術を「トリガーポイントセラピー」といいます。

トリガーポイントとは、痛みの引き金点ということです。

ヘルニアや狭窄症など画像検査で異常が見当たらなくてもお尻の筋肉のインナーマッスルが固く短くなる(硬結ができる)ことで坐骨神経痛が起きることが知られています。

整形外科の用語ではこれを「梨状筋症候群」と呼びます。

筋肉の奥にできてしまった硬結を緩めるのは病院よりも我々、整体カイロプラクティックなど手技療法家の得意分野です。

病院で治らなかったとあきらめないで、ぜひ我々にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました