当院は完全予約制です
ご都合のよい方法でご予約ください当院は完全予約制です
湘南鵠沼カイロプラクティックふじさわ整体院の営業時間
 土/日/祝
10:00~20:00-
10:00~16:00----
ご予約から施術の流れはこちら>>
受付・予約・営業時間

朝起きるといつも肩が痛いのはなぜ?

お知らせ

「ふじさわ整体院」の若林です。

こんな症状はありませんか?

朝起きるといつも肩が痛い

朝起きると肩甲骨の間が痛い。

動けば、だんだん痛みが減ってくるけど、肩の凝りが抜けきらない。

枕が合っていない気がする

痛いのに慣れてしまい諦めている

目次

なぜ、朝起きた時に肩が痛くなるの?

痛みを減らすには

まとめ

なぜ、朝起きた時に肩が痛くなるの?

①普段の姿勢が悪い

人の背骨は横から見たらアルファベットの「S」のようなS字カーブが望ましいのですが、姿勢不良の方は横になった時も、姿勢不良のまま過ごしてしまいます。猫背、ストレートネックの方が多く朝起きた時の肩の痛みならず、慢性的に肩が痛い方も多いです。

②寝ているときの姿勢が悪い

人の背骨は寝ている時もS字カーブが望ましいのですが、寝ている時に不自然な姿勢で長時間寝てしまっていると肩への負担がかかります。

マットレスが柔らかすぎたり固すぎたりしても、上手に体圧分散が出来ません。結果、居心地のよさを求めて不自然な姿勢で寝てしまう事で、肩に負担がかかってしまいます。

③枕が合っていない

枕は頚椎(首の骨)のカーブに合ったものが理想です。

高すぎる枕の場合 顎が常に引かれた状態なので、首や肩の筋肉に負担がかかります。

低すぎる枕の場合 首のカーブがなくなってしまう為、頸椎が頭を支えられず不安定になります。よって、首や肩の筋肉に負担がかかります。

④寝巻きのサイズが合っていない

小さすぎ、大きすぎ、またはフード付きのものなどは寝ている時に寝具に引っかかったり動きにくかったりと寝返りがしにくくなってしまいます。

⑤部屋が冷えている

冷えは筋肉が固くなる+血管が収縮=血流が悪くなります。

⑥寝ている間に歯ぎしりをしている

歯ぎしりの時に使われる筋肉は肩にも繋がっている為、 歯ぎしりをすることで肩の筋肉が緊張し血流不足になり、翌朝肩の痛みとして出てきてしまいます。

⑦睡眠時間が短すぎる または長すぎる

睡眠は体を休める、疲れをとるために必要ですが、短すぎる睡眠は体を休める事が出来ず筋肉の疲労が抜けません。長すぎる睡眠は体を休めることが出来そうですが、動かない時間が長すぎたりする為、肩への圧力が増し、血流が滞り筋肉が固くなってしまいます。どちらも、翌朝の肩の痛みとして繋がってしまいます。

⑧寝るスペースが狭く寝返りがうてない

人は1日に平均で20回程寝返りをしてします。寝返りが少ないと長時間同じ姿勢で肩への負担が増え、血流が滞ります。翌日痛みとして表れます。

⑨毎日深酒をして寝ている

お酒の飲みすぎは利尿作用で体内の水分が少なくなります。水分が少なくなることで血流が悪くなり、肩凝りや肩の痛みが起こります。

深酒をすることでよく眠れると思いがちですが、実は睡眠の質が悪くなります。本来であれば寝ている間に筋肉はお休みモードに入りますが、休めない為に疲労した筋肉が肩凝りや痛みを引き起こす原因になります。

⑩ストレスを抱えている

ストレスを抱えている時では自然と肩に力が入りがちです。寝ている時こそは、リラックスし、肩の力を抜いて疲れを取りたいところですが、ストレスフルだと寝ている時にも肩の力を抜くことが出来ません。よって 朝起きた時の肩の痛みに繋がりますが、慢性的に肩が痛い方も多いです。

痛みを減らすには

①普段からの姿勢を見直す。背骨のS字カーブを取り戻す。

②寝ている時に不自然な姿勢にならないように、柔らかすぎず、固すぎないマットレスに変えてみる。

③今使っている枕を変えてみる。

④自分のサイズに合った寝巻き、フードなどがついていない寝巻きにする。

⑤体を冷やさないように、寝室を冷やし過ぎないように気をつける。

⑥ 寝ている間の歯ぎしりに対して、マウスピースの使用の検討と自律神経のバランスを整えていく。歯ぎしりとは睡眠中にも、ストレスを感じ、リラックスモードに入れない為に無意識に行われていることが多いです。ONとOFFを切り替えくれているのが自律神経です。このバランスを整える事が歯ぎしり、翌朝の肩の痛みを減らす事に繋がるかと思います。

⑦ 日中眠くて困らない程度に、約6〜8時間ほど睡眠時間を確保する。

⑧ 寝返りが出来るように、寝る環境を変えてみる。寝返りは、寝ている時に圧力のかかった体をほぐす目的で、無意識に行われています。

⑨ お酒はほどほどにする。

⑩ストレスを溜め込みすぎないように、適度に発散する。

まとめ

朝起きた時いつも肩が痛いのはなぜ?それは、体と心と環境によるもので起こります。ひとつひとつの原因に対して向き合うことで、翌朝の肩の痛みや凝りが減っていってくれます。このブログを読んでくださっている方が、快適な朝を過ごせるようになってくれたら嬉しいです。 

当院ではボディメンテナンス、自律神経のバランスを整える事が出来ます。

是非、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました