当院は完全予約制です
ご都合のよい方法でご予約ください当院は完全予約制です
湘南鵠沼カイロプラクティックふじさわ整体院の営業時間
 土/日/祝
10:00~20:00-
10:00~16:00----
ご予約から施術の流れはこちら>>
受付・予約・営業時間

台風 天気痛

「頭が痛いと思ったら台風が近づいてきていた」

「台風が近づくと喘息の発作が出る」

「梅雨時に古傷がしくしく痛む」

これは気のせいではありません。

こうした症状を気象病で「天気痛」と呼びます。

気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛
ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく
関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。

気圧が変化すると、身体がストレスを感じるます。
それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。
自律神経系には、交感神経副交感神経があり、
交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。
一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。
この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、
さまざまな体調不良の原因となります。

季節

 特に症状が出やすい季節は、低気圧が定期的に通過する春や秋
梅雨時、そして台風が日本付近に接近する晩夏から秋にかけて。
ここがまさに今ですね。

冬に低気圧が日本の南岸を通過すると、
太平洋側に雪が降ることがありますが、
このときに症状を訴える人もいます。
これは上空にある寒気の存在もかかわっているようです。

「台風は、気圧の変化が急激なうえ、移動のスピードが速いので、
いちばん痛みがつらい」
という患者さんが多いそうです。
一方、梅雨は期間が長いので、体調不良を訴える人がじわじわと増える傾向にあります

どんな人が感じやすい?

気象病は「耳が敏感な人がなりやすいのではないか」と考えます。
この「耳」とは「内耳」で、
鼓膜の奥にある、かたつむりのような形をした器官を指します。
81306024000769.jpgnaiji.jpg

内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではないか
という説があります。内耳で気圧の変化を感じると、
センサーでキャッチした気圧変化の情報が脳へと入り、
自律神経系を活性化させます。
ここで、内耳が気圧の変化に敏感だと、
少し気圧が変化しただけでも、過剰に脳に情報が伝わり
、交感神経か副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。

気象病に悩んでいる人は、乗り物酔いにも悩んでいることが多いです。
乗り物酔いをしやすい人は、内耳が揺れに敏感です。

予防

天気による体調不良は「気のせい」ではありません。
あらかじめ体調が悪くなりそうかがわかれば、
それだけでもさまざまな対策が取れるのではないでしょうか。

セルフマッサージ

(1)耳を上下横に5秒ずつ引っ張る

(2)耳の横の部分をつまみ、軽く引っ張りながら後ろに向かって5回ゆっくり回す

(3)耳の下に親指を当て、上に人差し指を当てて上下に折り曲げる。この状態で5秒キープする

(4)耳全体を手で覆い、後ろに向かって円を描くようにゆっくり5回回す

ふじさわ整体院では

血行の流れを促進することにより自律神経の調子を
整えて、患者さん自身の自己免疫、自然治癒力を
あげていく施術を行います。
痛くなったら、、薬を飲む
よりも痛くなりにくいお身体作りが大切です。


あなたのお身体はどうですか?

辛いなぁ~と思ったら
自分の身体に耳を傾けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました