私が開院した理由

数ある整体院のHPのなかから当院のHPをご覧になって頂き、ありがとうございます。
またこの「私が開業した理由」のページまで見て頂いたことをうれしく思います。

私がなぜこの仕事を生涯の仕事として選んだのか、お読み頂くことで皆様の大切なお体を預ける整体院として当院がふさわしいかどうか、判断していただく助けとなれば幸いです。

私がこの世界に入ったきっかけは、自身が身体をこわし、カイロプラクティックの先生に治してもらったことでした。

手のしびれと整形外科

整体師になる前は、包丁を使う仕事をしていました。

朝早くから夜遅くまで右手を酷使することがつづきました。
毎日毎日、意地になって「誰よりはやく」「誰より上手に」包丁をふるうことに心血を注ぎ続けました。
職人気質の中で育ったわたしは仕事に一切の妥協を許さず、どんなに無理な仕事量をふられても気力と根性でこなすのが美徳であると信じていました。

全身の筋肉は日々スジ張って固くなり、寝床で横になっているだけで、引っ張られ締め付けられるようでした。
連日、無理を重ねた末ついには包丁が握れなくなるくらいまで右手がしびれだしました。

このまま手が使えなくなっては職を失うという恐怖におびえ、痛みを我慢しながら仕事を続けました。
氷水で冷やしこむと痛みがおさまり包丁を握れることに気づきました。
症状は、日に日に悪化し、朝になるとこわばって動かず、限界を迎えました。
救いを求めて整形外科にいきました。レントゲンに写った手の骨の写真を見せられて

「なにも異常はありません」
「使いすぎが原因です」

と言われました。しばらく説明を受け薬を出されました。
特に効果のある治療をしてもらえたとは思えませんでした。


人生をかえるカイロプラクティックとの出会い

わらにもすがる思いで、近くの整体・カイロプラクティック院に駆け込みました。
千葉県船橋市にある「くすのきカイロ」というところでした。

それまでカイロプラクティックという言葉をまともに聞いたことすらなかった私は不安でいっぱいでした。
現れた先生は、お人柄のしのばれる優しい笑顔で、迎えてくださいました。
「手がしびれるのですね」とひとこと言ったあと、黙々と、施術をしてくださいました。

いままでがむしゃらに働いて痛めつけた私の身体は、先生にポイントを的確にとらえられると激痛を発しました。

痛みにたえながらも「この療法なら体が変わる」という確信が、心の奥底にはありました。
また、その痛みは他の誰でも無い自分が自分で身体の中に蓄積させていったものだということが、身にしみて分かりました

施術が終わったあとは毎回、全身脱力状態でここちよい疲労につつまれて帰りました。
5~6回の施術をかさねたころ、私の手は全くしびれることはなくなりました。

当時の感動と感謝の心は、何年立っても色あせることはありません。

手のしびれを治してもらった、その時から、私の心は「治療家になりたい」という思いでいっぱいになりました。

学校選びと、修業の日々

それからは、すべての休日を費やして、整体・カイロプラクティック学校の説明会と体験会を回りました。
当時の東京にある学校は、総ざらいするぐらいの勢いで比較検討を重ねました。

その結果、たどり着いたのが「大川カイロプラクティック専門学院」でした。
私の手のしびれを治してくださった先生が、くしくも大川カイロの卒業生でした。

当時の私は「一番治療効果の高い技術を学びたい」の一心でした。
学校選びは「何を学べるか」のみを判断基準としてすすめました。
その結果、もう一度大川学院にたどりついたことは、私の進むべき道はここで間違いないという確信を強めました。

入学してからは朝から晩まで学びの日々。思い返してもなかなかハードな毎日でしたが、「辛い」「辞めたい」と思ったことは一度もありませんでした。

自分の知識と技術の不足から、患者様のお役に立つことが十分できず、毎日申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そんななかでも「最終的には自分が一番の治療家になるんだ」と前を向き続けられたのは、最初に手のしびれを治してもらったときの感動があったおかげかも知れません。

院長になるめぐり合わせ

日々の臨床のなかで、歳月とともに治療技術を磨いてまいりました。
もちろん学校で教わったことを土台があったからこそですが、患者さんから直に教えて頂いたことの価値や量は計り知れません。

未熟者の頃より多くのご縁のあつい患者様に応援していただき支えていただいたことは、私の一番の誇りです。

長年の下積み経験のなかで、「自分が患者さんにできる最大の恩返しとはなにか?」ずっと悩み続けてきました。

私を信頼して長年にわたり通ってくださる患者様に自分が出来る最高の価値を提供したいというおもいが日増しに強くなっていきました。

そんなおりふじさわ整体院、前任の高田院長から「この院をひきついで院長にならないか?」という話をいただきました。

このたび院長になることで、これまで追求してきた私の理想を形にする機会をいただきました。

今の揺るぎない想いとしては、自分が心から価値があると信じられる施術サービス、運動プログラムを提供し、患者様とともにこのふじさわ整体院を創りあげて行きたいという事です。


これからも、当院があなたにとって一番の施術院であるために技術・知識の研鑽に励んでまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

大川カイロプラクティックセンター
ふじさわ整体院 院長 河原敏彦

「ホームページを見て・・・」とお電話下さい
電話でご予約 メールでご予約 LINEでご予約