当院は完全予約制です
ご都合のよい方法でご予約ください当院は完全予約制です
湘南鵠沼カイロプラクティックふじさわ整体院の営業時間
 土/日/祝
10:00~20:00-
10:00~16:00----
ご予約から施術の流れはこちら>>
受付・予約・営業時間

耳にしたことのある「ゴルフ肘」とは

ブログ

こんにちは。ふじさわ整体院の嵯峨です。

突然ですが、「ゴルフ肘」って耳にしたことありませんか?

先日、「ゴルフのスイング時に内側の肘の付け根が痛くなる。」という患者さまがいらっしゃいました。手を洗う時などにも痛むようです。

ゴルフをやっている方はもちろん、ゴルフ未経験者でもなんとなく耳にしたことのある「ゴルフ肘」ですが、果たしてどのような症状なのでしょうか。

<症状>

肘の内側の少しでっぱた部分が痛くなってしまうスポーツ障害の一種です。

<ゴルフ肘とは>

「ゴルフ肘」の正式名称は「上腕骨内側上顆炎」といい、ゴルフのスイング時に一番使われるのが、指や手首を使う前腕の「屈筋群」です。

オーバーユース(同じ動作の繰り返し)によって負荷がかかり、疲労が蓄積されて「屈筋群」の付け根となる上腕骨の内側上顆に痛みを生じてしまいます。

<原因>

スイング時にうまく体幹が使えていないことによって手打ちになってしまうため、前腕の「屈筋群」へ過負荷となり、痛めてしまうこともあるようです。

ふじさわ整体院では、疲労の蓄積によって収縮している筋肉をトリガーポイントセラピーを施すことによって緩めつつ、ストレッチなどのケアしていくことにより関節を動かしやすくしていきます。

患部のケアだけでなく、全身のケアをすることによって体幹が使いやすくなり、パフォーマンスの向上が期待できます。身体を使いやすくすることによって、負荷のかけ方を分散させ、一部にのみ過負荷となることを根本的に改善していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました